ページトップへ

新着情報

新着情報

北広島市限定酒 「純米吟醸酒 久蔵翁」発売について

6月20日(木)から北広島市限定販売の『純米吟醸酒 久蔵翁(きゅうぞうおう)』が発売になります。

 

 

久蔵翁は北広島市の「赤毛米」を使ったお酒です。

 

 

赤毛米は、明治時代初期、厳寒の北海道での米づくりは不可能とされていましたが、中山久蔵翁が島松沢(現在の北広島市)に入植し、”赤毛種”とよばれる寒さに強い稲を改良しながら1873年(明治6年)稲作に成功しました。

 

 

その後、中山久蔵翁は稲作を始める開拓者に種もみを無償で配布し、全道に米づくりが広がりました。
北海道初の優良品種となった赤毛種は、品種改良が進められ、新しい品種が数多く誕生しました。『ゆめぴりか』や『ななつぼし』は赤毛の子孫となります。

 

 

「純米吟醸原酒 久蔵翁」は飲みごたえのある原酒タイプで、常温または冷やしてお召し上がりいただくのがオススメです。

 

7月13日(土)、14日(日)に北広島市で行われる「第7回北の酒まつりinきたひろしま」では久蔵翁のボトル販売・ショット販売もできますので、入場チケットをお買い求めの上、是非お越しくださいませ!

 

チケットは田中酒造でも取り扱っています!

お気軽にお申し付けください。

 

——————————————————

【純米吟醸原酒 久蔵翁(きゅうぞうおう)】

原材料:米・米麹

原料米:北海道北広島市産「赤毛米(あかげまい)」100%

精米歩合:60%

アルコール分:17%

日本酒度:+1

720ml 2,400円(税込)

1.8L   4,500円(税込)

 

 

※当社店舗・オンラインショップでの販売はしておりません。販売は北広島市の酒販店のみとなります。

 

久蔵翁販売店一覧